失敗しないペットショップの見極め方

■ペットショップの見極め方

家族になる動物をペットショップで検討する場合は、店舗やペットの状態を見て、購入の選択を判断することが肝心です。

例えば、お店に入ると強く臭う、あるいは汚れていて清潔感が感じられない、こういった特徴は要注意ポイントとなります。

臭いの強さは生き物の種類や数によっても違いますが、行き届いた清掃と換気が行われていれば、酷く臭うことはないはずです。

また、店内の清掃状態、特に床の汚れやお手入れの状況は、そのお店の質を見極める要点に変わります。

スタッフの対応も判断のポイントになりますが、愛想が上手いと見極めるのが難しくなるので、表情ばかりにはとらわれない方が良いでしょう。

それでも、スタッフが親切過ぎで気味が悪い、というケースもありますから、判断材料に加えておくことをおすすめします。

良いペットショップは、そこで飼育されている動物に目を向けるだけで、表面的ではない本質的な良し悪しに自ずと気が付くことが出来ます。

健康的な生き物は、一般的に人に興味を持ったり、コミュニケーションを取ろうとするケースが少なくありません。

これは、動物に精神的な余裕がある証拠で、穏やかに暮らせる環境だということを意味しています。

厳しく育てられた場合は、人間と同様に萎縮してしまい、人を見るだけで怯えてしまうこともあります。

それは極端な例ですが、生き物を尊重して大切に扱っているペットショップであれば、動物自体に自発性や健康的な活発さがあると見抜けるでしょう。

■動物の健康を重視しているお店

一方、動物の健康を重視しているお店では、時に客の都合より優先される場合も珍しくありません。

具体的には、免疫力の低下を嫌って気軽に触れさせない、会話を交わし信頼関係を築いてから抱かせる、といったケースが挙げられます。

一見すると客に冷たく、客より動物が大切なのかと思わせますが、これには理由があって納得に至る説得力が存在します。

動物に触れることを許されたら、今度は直接的に関わって健康状態の良し悪しを判断することが可能です。

ケージの中を見て真っ先に確認した方が良いのは、奥に汚れが溜まっていないか、動物自体が汚れていないかの二点です。

前者の汚れは質の低いペットショップに多く、人目に付きにくいから手を抜いても良い、そういったスタッフの心理が反映されます。

逆に、見えにくいからこそ徹底して清掃したり、動物の健康が心配で清潔に保とうとするお店は、客の視点から見て信頼に結び付きます。

後者は前者と関連して、生き物が暮らす環境に対するお店の考え方が、動物の状態という結果になって現れます。

明らかに汚れたまま放置しているのは論外ですが、汚れを発見して直ぐに対処するスタッフがいるお店の動物なら、健康的に飼育されていると判断することが出来るでしょう。

動物の状態がとても良く分かるのは、やはり抱っこしたり直接触れた瞬間です。

毛並みは栄養状態に左右されるので、大きさに対する体重であったり、顔付きや筋肉の付き具合と一緒に確認を行うのがおすすめです。

良好な毛並みで毛が立っている動物は栄養が行き届いているので、当然ながら痩せているということはなく、筋肉も十分に付いているはずです。

仮に、毛並みの良さに対して痩せて見える場合は、何らかの病気を発症していたり、進行している恐れが考えられます。

■管理が行き届いているペットショップの特徴

管理が行き届いているペットショップなら、異常に気が付いた時点で展示を取り止め対処するものなので、毛並みに対しギャップを覚える動物が展示されているお店には注意が必要です。

ただ、必ずしも病気だとは断定出来ないので、気になる部分が見付かった際は、スタッフに尋ねてどのような答えや反応が得られるか確認を行いましょう。

答えが明確で分かりやすく、納得出来て腑に落ちるものであれば、そのスタッフの評価を上げることが出来ます。

勿論、一人のスタッフの対応が、お店を代表する質の評価に繋がるとは限らないものの、評価の大きな加点になるのは間違いありません。

質問するチャンスが訪れた時は、初歩的な質問から高度な内容まで、疑問を率直に尋ねてみるのが効果的です。

優れたペットショップでは、スタッフの教育が隅々まで行き届いていますから、大抵の質問に答えられるように知識が備えられています。

スタッフが持つ本当の能力は、接客態度に留まらず質問と回答の際に現れるので、動物に関することをどんどん質問してその対応を見ましょう。

人の身近で生活している生き物は、他者と遊んでコミュニケーションを取ったり、交流を深めて距離感や関係性を身に付けようとします。

動物を理解しているお店は、遊びたがることや遊ばせる重要性を良く知っているので、遊びながら触れ合えるプレイルームなどを用意しています。

反対に、展示は常時でなく時間が決められていて、遊ぶ時と休憩のメリハリがちゃんと付けられているものです。

購入希望時に、飼育の経験や知識があるか確認が行われれば、そのお店は最後まで動物のことを尊重していると評価出来ます。

これらの要点を一つずつ確認することで、購入後も健康的に育つ動物を判断したり、アフターフォローも安心して任せられるお店を見極めることが可能となります。

■リンク

クーアンドリク