住まいる共済は補償の種類が豊富です。

全労災の住まいる共済

もし自宅が火災に見舞われたら、と考えるとそれに備えた保険は必要となります。

しかし、万一の時に補償してもらいたいのは火災だけではありません。
地震や風災、水災などにも備えたいものです。

民間の火災保険はこれらが含まれていないので手続きの煩雑さや保険金のUPのことを考えると頭が痛いです。

特に家を建てたばかり、マンションを購入したばかりとなると資金的に出来るだけ安く抑えたいと考えます。

そこで比較検討してみると良いのが全労災の住まいる共済です。

火災共済は火災保険とは補償の内容が違います。

地震保険や風災や水災の補償が含まれたセットが用意されています。

住まいる共済は一口100円で最低10口の出資金を出資することで組合員となります。

加入するのに組合員であることが条件になりますが脱退するときには出資金は返還されます。

住まいる共済のプランには新火災共済と自然災害共済があり自然災害共済は新火災共済にプラスして加入するもので単独では入れません。

新火災共済は火災はもちろん落雷や破裂、爆発の補償に最高300万円の補償ではありますが風災や水災に対するものがついています。

さらに自然災害共済をプラスすることで風災や水災の補償が最高4200万円まで拡大、地震と盗難の補償も付きます。

自然災害共済をつけた場合を見ると火災保険に地震保険をプラスした場合の保険金より掛金が割安になると言えます。

住まいる共済の特徴

住まいる共済の特徴の中で見逃しやすいのが割戻金の存在です。

共済の独特なシステムで共済金の支払いが当初の見込み額よりも少ない場合剰余金を分配・還元してくれる仕組みです。

保険料の比較をする際に割戻金の存在も考慮する必要があります。

また、民間の火災保険は保険料を一括して支払う必要があるのに対し住まいる共済は月払いの保険料の支払いにも対応します。

月払いで少額の出費に抑えることで家計のやりくりしやすくなる方も多いと思います。

窓口も身近にありますので掛金や補償の内容について問い合わせや加入も簡単に行えます。

加入方法は簡単で、基本的なプランである新火災共済に自然災害共済をプラスするかしないかを選択するだけの手軽さが魅力です。

新火災共済には少額の補償ではありますが風災や水災の補償も含まれます。

安い掛金で幅広く補償が受けたい方や地震保険にあたる補償も受けたい方は一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。

掛金と補償の内容を確認し比較すると自分にあったものが見つかるかもしれません。

※参考動画はこちら
住まいる共済