認可保育園と認定保育園の違いは何?

保育園には認可と認定保育園の2種類があります。
認可保育園とは保護者が働いているなどの事情により十分な保育を受けられないこどもに対して保育を提供することを国が認めた施設であるということです。

児童福祉法に基づいて作られた児童福祉施設としての扱いで、施設の広さ、保育士の職員数や持っている資格、給食設備、防災や衛生管理などについて細かく規定されています。

認可保育所への入園を希望する場合は管轄する市町村への申し込みをしなければいけません。

直接、入りたい保育園に応募することはできません。

一方、認定保育園とは2006年から始まった制度で、認定こども園と呼ばれることもあります。

認可保育園のように両親が働いているなどの制限が必要な保育園と、そうでない幼稚園の制度を併せ持ったような保育園と考えるとわかりやすいでしょう。

一つの認定保育園でありながら幼稚園児として通園している子供と、保育園児として通園している子供が両方存在しているという、それまでには絶対にありえなかったことが可能となったことが、それまでとは大きく異なるところです。

認定保育園制度の下では教育や保育を受ける子供に対して3つの区分を作っています。

1号認定では大まかにいうとそれまでの幼稚園に入りたい子供たちが主な対象で専業主婦などのいる過程の3歳以上の子供が、2号認定では共働き家庭で3歳以上の子供が、3号認定では共働き家庭で3歳未満の子供が該当します。

1号認定では幼稚園と同様に直接、行きたい園に応募します。

2号や3号認定の子供はまず市区町村に保育の支給の必要性を判断してもらい支給認定証を発行してもらわなくてはいけません。

その後、園の利用希望者の申し込み、市町村の利用調整を経て通園先が決まります。

認定保育園はさらに幼稚園と保育園の両方の機能を兼ね備えた幼保連携型と、幼稚園に保育園の機能を加えた幼稚園型、逆に幼稚園のい保育園の機能を加えた保育園型と地方裁量型の4つに大きく分類されます。

それぞれの特徴があり各家庭の事情などに応じて、その家庭や子供にあった保育ができるように分類されています。

先生の資格も両者で異なります。

認可では保育士の資格だけでよかったのですが、認定では幼稚園の機能も備えているため幼稚園教諭と保育士の両方の資格を持っていることが原則になります。

その分、先生のなり手も限られてしまうため、保育園としては、給料が安くて労働環境もややきつめと考えられ早期に退職してしまう先生が多い業界の中で、優秀な先生を集めることが大変になってきています。

[PR]:ハッピーマム 東雲キャナルコート園(保育士/正社員)の求人【保育のお仕事】