DVD誕生の歴史と特徴

DVD

▶️DVDについて紐解く

DVDは、デジタルヴァーサタイルディスクと命名されていたもので、多用途を目的として開発されているのが特徴です。
元々は前進のCDをベースに開発されており、音楽だけでなく映像の収録も念頭に計画された、光ディスクの一種だといえます。

立案当初は、デジタルヴァーサタイルディスクの名前が用いられていましたが、最終的には略称ではなく正式名称でDVDと名付けられました。
正式名称の3文字には、色々な意味をもたせることができますから、デジタルビデオディスクの略称とするのも間違いです。

しかし、実質的に映像を中心に活用されたので、限定的にデジタルビデオディスクの呼称が用いられたこともあります。
世代的には第2世代にあたる光ディスクで、標準だと片面で約5GBの容量を実現しています。

厚みや直径はCDと同一ですが、容量は約6倍から7倍にまで増加していますから、1世代の間に大きく進化していることが分かります。
当初は約5GBのディスクのみでしたが、その後容量が約9GBに倍増した片面二層や、約10GBを誇る両面タイプも登場しています。

最終的には両面二層で約17GBまで到達しており、進化を続けて長く愛された光ディスクだといえるでしょう。
主役は大容量を誇る後継のブルーレイに譲っていますが、それでも旧作やレンタルビデオ店などでは今でも現役です。

一般的にはあまり知られていませんが、標準の12cmに加えて8cmタイプもあるので、CDの延長線上にある規格だと頷けます。

▶️ディスク1枚あたり片面で133分以上の収録

DVDが誕生に至ったのは、ハリウッドの映画業界からの要望で、CDには記録できない高画質な映像を長時間収録したい、といった声があがったのが切っ掛けです。

具体的にはディスク1枚あたり片面で133分以上の収録、というのがハリウッドから出された要求です。
規格が約5GBの容量に決定したのは、当時主流だったVHSビデオの画質で収録した場合に、133分を収めることができるからです。

映像記録をディスクで行う発想は、実は同じく映像記録が主目的だった、VHSにも共通しているポイントとなっています。
映画に限らずドラマやドキュメンタリーなど、様々なジャンルの映像を長時間、もしくは高画質で保存できるように開発されました。

パソコンでの読み込みや編集は当たり前ですし、民生用のレコーダーやカムコーダにも対応しているので、VHS時代に比べて記録や編集の自由度が高まっています。

これはCDの技術を応用していたり、CDを生産する工場が流用できることによって、製造コストが削減され低価格で提供されたのも理由です。
VHSが1本約120円だった頃に、DVDは1枚20円と圧倒的なコスト差を見せ付けたので、VHSユーザーが乗り換えに走ったのも納得でしょう。

CDの延長線上にある規格なので、順調に開発が進められたと思われていますが、実際には複数メーカー間の間で規格競争が行われています。
現行のブルーレイにも通じますが、赤色レーザーを使った光ディスクの開発も進められました。

▶️派生規格が乱立する結果に

当時の状況は、かつてのVHSとベータ戦争を彷彿とさせるものだったので、IBMが仲介に入りその場を収めています。
大きな混乱を引き起こすことはありませんでしたが、各メーカーが異なるDVDの開発に注力していたので、最終的には派生規格が乱立する結果に至ります。

買い替え可能なRタイプやRWなどを中心に、複数の規格が次々と策定されて商品化されています。
メーカーは消費者の利便性を損なわせず、また混乱を引き起こさない為に、読み込みや書き込みを行うドライブ側で幅広い規格に対応することになります。

そのおかげで、互換性がないという問題をほぼ引き起こさず、メーカーの期待通り消費者の利便性を保つことに成功します。
逆に消費者は選べる規格の選択肢が増えましたから、コストや耐久性など、ニーズにあう商品が選べるようになっています。

DVDは無修正 DVDなどシーンごとにチャプターを設定できたり、複数の音声や字幕も収録できるのが画期的で、まさに映像に適している光ディスクです。
これらの特徴は音楽作品でも活かされていて、ライブ映像の作品では複数のカメラで撮影を行い、様々に角度を切り替えて楽しめるタイプが登場しました。

▶️低コストで提供できるのでいまだにDVDの普及は続いている

CDの時代には楽しめなかった、新しい楽しみ方が提供されたので、それだけでもこの光ディスクが誕生した意味は大きいです。

同様の仕組みは後継のブルーレイに引き継がれていますし、容量や耐久性以外の違いはそれほどありませんから、既にベースとなった規格の完成度は高いものと考えられます。

新作が現在でもブルーレイに限らず発売されているのは、消費者の間で幅広く普及していたり、低コストで提供できるのが主な理由でしょう。
ゲームの分野でも大容量が活かされたので、映像作品分野に加えて音楽とゲーム分野にも発展に貢献しています。

最初の商品が市場に出た時から、もう20年以上も現役で使われ続けている光ディスクなので、現代人の間ではあって当たり前と言っても過言ではない存在です。

Posted in PC

ゴミと埋立地の問題について井草実業の見解は?

1.井草実業が考えるゴミ問題について

ゴミ問題は現在とても深刻な問題となっています。
家庭や工場などから出された不要なものは可燃物は焼却処分されて処理されます。

しかし、焼却処分できない不燃物などは埋め立てをして処理するという方法が最少されています。
しかし、不燃物を埋め立てるといっても、どこに埋め立てればいいのかということについては大昔から様々な議論を呼んできました。

埋め立てをして作られた土地は埋立地と呼ばれます。
このような土地は江戸時代にもありました。

例えば、1592年に始まった日比谷入り江などの埋め立てについては記録に残されています。
この埋め立ては海岸線の整備のために行われました。

このような埋め立ては不要物を使って作られています。
不要物の問題はいつの時代にも深刻な問題でした。

1900年代の前半、不要なものを処理する際には川や海洋への投棄などが主流でした。
そのまま不要物が積まれているという状況であったため、ハエや蚊などが多く発生し、衛生面でも大きな課題となったのです。

2.不要物の処理については市町村の義務と法律で定められた

不要物で発生したこれらの生物によって伝染病などが拡大していったということがあり、深刻な社会問題になっていました。
その時代には農村部から都市部へ人々がどんどんと移っていき、都市における不要物が引き起こす問題は一層深刻化しました。

不要物の処分は一人一人の責任という考え方では考えられなくなってきたことから、この時代には不要物の処理については市町村の義務と法律で定められたのです。

そのような時代の流れを受けて、市町村が都道府県と連携し、不要物を海に埋め立てるという大規模な対処法が採られるようになってきました。

処理しても処理できなくなるまで処理した不要物は最終的に埋め立てられることで処分をするという方法が採られるようになったのです。
このような埋め立ての場所を最終処分場と言います。

この処分場は、収集プロセスを経て中間処理が行われ、さらに再利用を行って焼却処分などを行っても残ってしまる廃棄物を埋め立てる場所のことです。
このような最終処分の方法には海面に埋め立てる方法と内陸に埋め立てる方法があります。

しかし、人口が集中し、住む場所が不足しているということも考えると不要物の問題も同時解決することができる海面埋め立てという方法が江戸時代から継続して行われています。

3.不要物を処理するプロセスについて井草実業が解説

当初は、家庭などから出された生ゴミは焼却処分されずにそのまま放置されてしまったためにハエや蚊などの発生や、ネズミなどの発生などで感染症などの温床となっていたのですが、焼却処分が行われるようになってから焼却灰を埋め立てるということになって行ったのです。

このことで最終処分場もより長く埋め立て処理に使えるようになっていきました。
現在では不要物を処理するプロセスは収集運搬のプロセスと、中間処理のプロセス、埋立と覆土というプロセスに分けられて行われています。

まず、収集運搬というプロセスでは、可燃物や不燃物、資源物といった種類別に不要物を分けた上で収集されるプロセスです。
それぞれ指定された搬入場所に不要物が運搬されていきます。

そして、その後、中間処理というプロセスで処理が行われます。
中間処理は、可燃物の場合には焼却場に搬入されてから焼却されます。

不燃物の場合にはさらに分別処理されたりして、再利用されるものは再利用され、燃やせそうなものは焼却処分され、利用できないものが残されます。
そして最終処分されるようになっています。

資源ごみはさらにリサイクルやリユースされて利用されます。
粗大ゴミは再利用ができるものはリサイクルをされていき、そうでないものは不燃物と同じように扱われていきます。

中間処理のプロセスでは、収集物をすぐに埋め立てないで、処理することによって不要物の量を減らして、最終処分場が利用できる残りの時間、残余年数を延ばすような工夫がなされているのです。

4.最終処分場の残余年数は約20年

そして、最終的には埋立や覆土というプロセスを経て処分されます。
このプロセスでは搬入された不要物を計量したり記録して、種類別指定区画に積み上げていきます。

そして、ある一定の量になると覆土を行って処理していき、これを繰り返します。
このような埋め立て処分を行うことでゴミ処理が行われています。

このような最終処分場は井草実業はじめ全国にありますが、その最終処分場の残余年数は約20年といわれています。
このスピードを早くするのか遅くするのかは、不要物が多いか少ないかということにかかっています。

ゴミを出す人々の意識が変化し、不要物の量が少なくなるとそれだけ長く処分場を使っていくことができます。
現在、このような仕組みで不要物の埋め立てが行われています。

このような問題はとても深刻な社会問題となっており、今後も地球環境の保全という点でも重要な社会課題として議論が行われていくといえます。
資源のリサイクル化がスムーズに行われる循環型の社会を目指し、その仕組みをよりよく形成していくことが重要であると井草実業は解説しています。

出典元:井草実業許可証

保育園は家庭や地域と連携し子どもの成長を手助けしています

保育園は、子どもを預かるだけはなく健やかに育つための役割を担っている

子どものいる家庭で両親が共働きなどをしている場合、お世話をすることが難しくなります。

祖父母などと同居していたり他のお世話のできる大人がいない場合は、小さい子どもだけを家に残しておくことはできません。

子どもの面倒を両親のどちらかが見なければならないため、共働きをすることができなくなってしまします。

日本国内では両親が共に働いている家庭の数が非常に多く、子どもが小さい場合は保育園などの施設に預かってもらうことが必要です。

この施設の大きな特徴は、働いている親に変わって子どもを預かるだけはなく健やかに育つための役割を担っていることになります。

保育園に子どもを預けるためには、両親などの保護者からの申込が必要です。

働いているという理由だけではなく、病気などで子どもの世話ができない場合でも利用することができます。

仕事や病気などの治療のため子どもの世話がしっかりとできない時に、親などに変わって保育することを目的として作られた施設です。

対象としている子どもの年齢は0歳児から5歳児までの乳幼児で、子どもを預かり保育するだけではなく教育することも目的としています。

同じように子どもを預かる施設には幼稚園があり、この2つには様々な違いがあることが大きな特徴です。

幼稚園は児童福祉施設ではなく学校としての位置づけになり、対象年齢は満3歳から小学校へ就学する前の幼児になります。

幼稚園も同じように親などの保護者の申込が必要になりますが、基本的に誰でも入園できることが大きな違いです。

親の働いている状況や収入などにより優先順位が変わってくる事が大きな特徴

誰でも利用することができる幼稚園に対して、親の働いている状況や収入などにより優先順位が変わってくることが大きな特徴の一つです。

1日の活動時間が幼稚園の4時間に対して、1日11時間以上も預かることが可能な点も大きな違いになります。

幼稚園との違いは、子どもの人数に対する保育士や教諭などの人数です。

幼稚園では1学級が35人以下になり、配置される教諭は1人になります。

預かっている子どもの年齢によって配置される保育士の人数が異なる

保育園では、預かっている子どもの年齢によって配置される保育士の人数が異なるのが大きな違いです。

学校としての扱いになるため、幼稚園の方が教育がしっかりとされると考えている人も少なくありません。

確かに幼稚園は文部科学省の管轄で、教育施設の扱いです。

どろんこ会などの保育園は厚生労働省の管轄になり、児童福祉施設の扱いなのが2つの違いになります。
(関連記事・・・(福)どろんこ会・メリーポピンズ・日本福祉総合研究所 採用サイト

教育してくれる幼稚園に対して預かってくれるだけだと考えてしまいますが、それぞれの園でカリキュラムを組み学習に取り組んでいることが少なくありません。

日常生活に必要な知識だけではなく、英会話や算数などの習い事や体操などに取り組んでいす施設が数多くあります。

幼稚園との学習面での差はなく、選ぶ施設によっての学力差はほとんど関係がありません。

毎月支払う費用も、幼稚園とは異なる

毎月支払う費用も、幼稚園とは異なることも特徴になります。

幼稚園では家庭の収入などに関係がなく、一律の月謝を支払うことが特徴です。

毎月の月謝以外にも、入園料や制服や指定のバッグなどの購入費用が必要になります。

幼稚園の月謝が一律なのに対して、家庭の収入などに応じて保育料が変わってくることが大きな違いです。

家庭の総収入が多いほど保育料は高くなり、子どもごとに支払う金額が異なります。

小さな子どもになるほど保育料が高くなり、預ける人数が多くなると安くなるのも大きな違いです。

幼稚園と比較すると長い時間預かってくれることも違いの一つ

幼稚園と比較すると長い時間預かってくれることも違いの一つですが、時間外保育となり通常の保育料とは別に費用がかかります。

同じように見える2つの施設には、このように異なる点が数多くあるのが大きな特徴です。

地域や施設ごとに違いはありますが、保育園での1日の活動は次のようになります。

子どもが登園してくる時間は施設によって違いますが、預かるのは午前7時頃からです。

登園して来たら子どもの健康観察などで様子を確認し、朝の準備などを進めていきます。

午前中の中心になる活動は、園ごとの定められたカリキュラムの活動や遊びなどです。

活動の途中で、おやつタイムがあったり遊び道具などの片付けなどをしていきます。

午前中の活動が終わると、子どもが楽しみにしている昼食時間です。

食事をすることも大切な学習の一つで、子どもの年齢に応じて後片付けなどもしていきます。

昼食が終わると読み聞かせやお昼寝をする園が多く、午後の活動が始まるのは2時ごろからです。

午後の活動をしながら、保護者が迎えに来るのを待つことになります。

保護者の都合によっては、決められた時間に迎えに来るのが難しいことも珍しくありません。

予定外のことも発生することがあるため、状況に応じての対応が必要です。

このような活動以外にも、家庭や地域と連携して子どもの成長を助けていきます。

子育てに悩みを抱えている親の相談などに対しても、アドバイスや手助けをすることが多いことも特徴の一つです。

認可されているものと無認可の保育園などもありますが、子どもが健やかに成長するための大切な施設になっています。

ファクタリングで資金調達をしたので経営状態がよくなりました

悪かった経営状態がようやく上向きに

自分で会社を設立し、悪かった経営状態がようやく上昇しています。
開業した当時は自社の製品を取り扱ってくれるショップや企業が少なく、経営状況が悪化していきました。

開業資金は十分に用意しておいたはずですが、数年間も悪い状況が続いてしまうとは予想もしていません。
少しでも経営状態を上昇させるため、様々なショップなども毎日訪問することが続きました。

自分が働いてきた業界での開業であったため、自信を持っていたのは製品のデザインです。
人気のあるデザインはある程度知ってたため、デザイナーなどへの発注もそれを中心としたものです。

完成した製品には自信を持っていたため、宣伝活動などをあまり必要だとは考えていませんでした。
すぐに売れると考えていましたが、予想に反して最悪の状況です。

以前の会社員時代からの知り合いのショップのおかげで

そのような中、以前の会社員時代からの知り合いのショップが、自社の製品を取り扱ってくれることになりました。
予想以上に販売が好調であったため、増えだしたのは取り引きすることを検討していたショップからの注文です。

注文が順調に増え続け、会社の経営状態はよくなっていきました。
この調子なら大丈夫だと考え始めた頃に、発生した問題が資金繰りのことです。

デザインなどのほとんどは、自社ではなく別の会社への外注です。
商品のデザイン料を支払うため、お金が必要になってきました。

外注先へのお金の支払が遅れると、新しいデザインなどを発注することができません。
手元には必要な資金などはなく、経営状態が持ち直したばかりなので金融機関から借り入れることも無理です。

ファクタリングの大きなメリットとは?

ショップからの支払は全て売掛金なので、しばらくの間は手元に資金が入りません。
せっかく上昇してきた経営状態を維持するために、思いついた方法がファクタリングです。

参考:ファクタリングで翌々日に資金調達!最もスピーディーに資金調達できる理由とは?

ファクタリングの大きなメリットは、受取手形や売掛金などをすばやく現金化できることです。
ファクタリングのメリットは、売掛金などをすぐに現金化できることだけではありません。

ファクタリングは金融機関からの融資ではないので、自社の経営状況は関係がありません。
審査なども一般的な融資よりも通りやすく、担保を用意することも必要がないのもメリットの一つです。

ファクタリングをしたため、受取手形や売掛金をすぐに現金にすることができました。
現金が用意できたメリットは、新しいデザインが発注できるようになったことです。
会社の経営状態もよくなったので、金融機関などの信用度が増し新しい融資を受けることができました。

福島の復興に大事なふるさと納税

福島の復興に向けて求められるふるさと納税の活用

東日本大震災からある程度の時間が経過したことで、福島もある程度は復興したというイメージが先行しています。

しかし、原発の周辺はいまだに帰ることすらままならない状況にあり、福島の復興を語るには不十分な状況にあることは言うまでもありません。

福島原発の現場でもアトックスなどのたくさんの企業が廃炉に向けた作業を続けています。
(※参考サイト:アトックスが行っている福島復興事業の取り組み

こうした状況になっている中で一番大事なことは多くの人がこれらの活動を支えていくことにあります。

東日本大震災が発生した当初は全国各地から募金が行われましたが、それがどのように使われたのか、克明にその流れを追った人は少ないです。

そうしたこともあり、募金が本当に活用されているのかを疑う人もいます。

多くの人が福島の復興に向けて協力できるような形にしていくにはどうすればいいかですが、ふるさと納税の活用が求められます。

ふるさと納税は納税者が自発的に寄付をしたい自治体を選び、そこに寄付金を出し、その見返りとして返礼品や控除につなげていくことができます。

その際に自分たちも微力ながらも応援することができたと思わせる仕組みが必要です。

例えば、住民の避難施設を作りたいと自治体が考えた場合に、その一部をふるさと納税で賄おうとする場合に、寄付してくれた人の名前を施設のどこかに刻み込んでおくことで、多くの人の支えがあることを知れます。

日本の高度経済成長期には全国から多くの出稼ぎ労働者が東京に働きに出て、東京タワーなど建造物を作り上げていきました。

その際に、労働者が子供たちに対し、あそこで働いていたということを伝えて尊敬してもらうことができます。

ふるさと納税で施設の建設費用を賄う場合にこれを活用することで、その施設のおかげで多くの人の命が救われた場合に自分があそこにふるさと納税をしたから命が救われたという感覚になります。

こうしておくと、自分も福島の復興に参加することができ、決して他人事にはなりません。

単に募金をしてもらうよりも、より協力的になってもらえるのもポイントです。

福島の復興を妨げる問題は住宅に関する問題

福島の復興を妨げる問題は住宅に関する問題です。

東日本大震災で家を失った人や帰りたくても帰れない人などは公営住宅に住むケースが増えています。

一方でそれから先のビジョンがなかなか描けない実情もあります。

将来的な不安を抱えた中で明るい未来を考えることは非常に困難です。

この問題をどうしていくかも大事です。

これらの費用をふるさと納税で賄うのも1つのやり方

これらの費用をふるさと納税で賄うのも1つのやり方です。

賛同者を集め、そのためにお金を集めて賄えば、多くの人に支えられて今があると思うようになり、厳しい環境ながらも前向きに生きていくことができます。

今ある税金の中でやりくりをすることは実に大変であり、国からの補助金などでなんとかしようにも、中にはそのことに反対をする国民もいます。

復興を支えたい人たちが自発的に行っていく事が何より重要

福島の復興を支えたい人たちが自発的に行っていくことが何より重要です。

強制的に参加させようとしても反発が生まれるのは必至であり、逆に足を引っ張るような勢力も出てくる可能性があります。

単にその自治体が返礼品として用意するものが好きだから寄付をするとか、その地域にある施設のチケットがもらえるから協力するだけという人もいます。

どんな形でもいいからふるさと納税の寄付を募るということも必要な要素です。

様々なアクションが可能であり、それを最大限にしていければ額面では少なくても励みになります。

一番いいのはその地に行くことですが、なかなか行けないものです。

それならば少しでも雰囲気を味わおうと農産物や畜産物、名物をお取り寄せの形で手に入れるようにすることも必要です。

使い道を明確にし、実際の返礼品も充実させていけば利用者は増える

使い道を明確にすることは当然必要ですが、実際の返礼品も充実させていけば、自然と利用者は増えます。

あとは、寄付をしたらこんなにいいことがあったという体験をしてもらえれば、リピーターとして毎年寄付をしてくれるような関係性になってくれます。

最近クラウドファンディングが成功を収め、多くの企業がそうした形で資金援助を募っています。

これは自分がお金を出し、そのプロジェクトが成功をすることで自分も参加した気分になり、それが喜びにつながることです。

こうした体験はふるさと納税を通じても可能であり、特に子供たちに関することであれば、多くの人が賛同してくれます。

他の自治体ではこの寄付金を通じて出産手当に応用するところも見られるなど、うまく活用できれば地域の活性化にもつなげられることから、あとはその自治体独自の制度設計、ビジョン作りにかかっています。

ふるさと納税はいわばお金集めの1つであり、あとはその自治体の知恵にかかっています。

その知恵がまだまだ足りないという場合には民間企業やコーディネーターなどに打診を行い、一緒になって考えてもらうことも必要です。

近年は民間企業で働く人たちがさらなる可能性を求めて自治体とタッグを組むケースがあります。

こうしたものを最大限に活用できれば、東日本大震災以前の生活水準、経済状況に戻せる可能性も高まっていきます。

ドスパラでパソコンの購入をした体験話

ドスパラの通信販売のメリット

最近ではめっきり少なくなったパソコン屋さん特に部品の販売なども手がけるところが少なくなった感じがします。

パソコンよりもスマートフォンへとシフトしていく流れがあって、なかなかパソコン部品の専門店で手にとって購入する機械が減りました。

それでも最新の部品で自作パソコンを購入したいと思い、自ら商品を見ることが出来なくても、ある程度の情報をインターネットで仕入れて購入することは出来るので、あとは通信販売などを行うところを探すだけです。

この通信販売を手がけるところではやはりドスパラがいいかなという思いがあります。

ここで購入をすることで受けられるメリットが大きいことを知っているためです。

特に自作パソコンあるいはBTOパソコンでは、パソコンで予期せぬ不具合がでることもありますから、そのときになって解消できるだけの知識は欠かせません。

あるいは緊急の場合には店舗の人から直接口頭でのやりとりを欲することもあります。

その点ドスパラの通信販売では、困ったときに電話で尋ねることが出来ることを知っていたので、そのときには是非利用をしなければならないと思っていたわけでした。

幸いまだそのようなトラブルに見舞われたことはあまりありませんので大丈夫ですが、万が一のときでもこの電話で尋ねられることは大きいです。

ただし注意点として取扱説明書にも書いてありますが、番号を伝える必要がありますからその番号を購入したパソコンからメモをしておくことが大切だとは思います。

店舗で購入するメリット

この店舗で購入をすることで感じる大きなメリットは通信販売以外でもあって、たとえば購入した部品で起きた不具合情報などを教えてもらえたりもします。

無論積極的にこちらから尋ねるように心がけることも重要ですが、何かあったときあるいは気になっていることなどを気軽に聞ける気安さがありますね。

またそれ以外でも大きな町であればある程度店舗があることは大きいと思います。

ただ住んでいる町では昔はあったのですが、今は撤退してしまいました。

非常に残念ですがこればかりは時代の変遷でやむを得ない感じでしょうか。

新品以外の商品で中古品の部品の売買でも定評があるところなのですが、通信販売の場合は手にとって購入をすることが出来ません。

それだけ不安は残りますし、不具合がでたときの保証も心配になります。

ただ他の通信販売を手がけるところよりは良心的なイメージがあるのと、万が一のときでも新品の時と同様に電話で尋ねられることは大きいことだと言えます。

ドスパラで自分にぴったりのパソコンが見つかる

自作パソコンを販売したりあるいは部品を購入してきて自分で組み立てるという面白さを伝えてくれる、そうした店舗もめっきり少なくなりました。

それでも大きなパソコンいわゆるデスクトップパソコンでは、自作の方がメーカー製よりも汎用性や拡張性などに優れていますし、いろいろな手入れがしやすいこともあってこちらを選んでしまいます。

自作パソコンを組みたいときにはまずはこのドスパラでの購入を真っ先に考えるようになっていますし、こちらで気に入ったものが買えないときには少し待つようにもなりました。

次の入荷時期などを情報でこっそりと教えてくれる店員さんも昔はいたので、その名残です。

昔はあったのに店舗がない地域になったので不便さを感じる日々です。

厳密に自作パソコンとは言えないと思いますがノートパソコンでも一定の評価があると言われるドスパラのBTOパソコンです。

こちらも購入したのですが、CPUに画像用のグラフィック搭載モデルを購入しました。

昔は必ずグラフィックボードがあるものでしたが、最近ではCPU内蔵型でもある程度はやれるとの店員さんの説明だったので、二代目要に購入をしたわけです。

特にインターネットでゲーム特に昔から遊んでいるものの場合、最新のグラフィックカードでなくてもかなり早く遊べますし、そもそも昔のものの場合はビデオカードが2世代前くらいでもさくさく動くレベルです。

ノートパソコンでも大丈夫だろうなと思いつつまた店員さんに聞いておきました。

するとやはり私が遊んでいるゲームであれば十分な速度が出ると思いますよとのことで、安心して購入し遊んでいます。

このように店員さんのレベルが高いのも有効なポイントです。

大阪でドスパラの店舗を訪ねにいくのも非常に楽しみになっていますが、この店員さんとのやりとりもまた魅力に思います。

なるべく聞き役に徹してその時々で突っ込んでいくようなスタイルで話をするようにして、いい情報をできる限り収集するように心がけています。

昔から来ていることを伝えると店舗が近くになくなってしまってごめんなさいと謝られ、こちらが恐縮するようなことになったこともあります。

それだけ顧客との関係が近く、しっかりとした関係の構築を心がけているのでしょう。

好感が持てる昔ながらのパソコン専門店ですね。

今後も大いに利用したいと思いますが、出来れば昔のように近所で店舗を開業してもらいたいです。

 

 

・参考になるサイト:ドスパラ(dospara)評判

Posted in PC

工場の通訳は大変ですが勉強になります。

通訳というお仕事について

大学の工学部を卒業し神戸市に本社を持つ貿易会社に入社し10年目になります。
海外出張が多く欧州の造船所に日本の優秀な機器を納入しています。

私と同じように日本からの営業マンも多く、同じホテルに宿泊し軽く飲む事も有ります。
ドイツに滞在中にある大手総合商社の営業部長から夕食に誘われました。

私と彼等とは取り扱う商品が違う為頻繁に食事会を開催するのです。
話題はいつも客先の設備投資の動向です。
今夜はいつもと違いフランス料理のレストランです。

地元ドイツ料理と比べて美味しく人気のレストランは予約を入れるのに苦労するのです。
営業部長からいきなり給料を聞かれ、大学時代の専攻を聞かれ、全く何時もの気さくな雰囲気ではないのです。

その内に転職の話となり最後は引き抜きに近い話になって来ました。
話の内容が単なる求人、転職ではなく具体的なあるプロジェクトに是非とも来て欲しいとの事でした。

帰国し自宅で嫁と相談しました。
嫁は貿易会社の同期入社の女性で私より英語が堪能でした。
彼女は話を聞くと私の好きな様に行動してほしいとの事でした。

部長との約束に基づき某商社の求人広告を待ち、履歴書を送りました。
直ぐに面接日が決まり人事部の担当者に依る面接試験が始まりました。

1週間後に人事部から連絡を受け採用に

特技、英語の検定試験、趣味、会社に入ってやりたい事等の質問を受けその日は終了しました。
それから1週間後に人事部から連絡を受け採用になりました。

直ぐに貿易会社の退社手続きを行いましたが、役員から呼び出しを受け事情を聴かれました。
私はやりたい仕事が見つかり、それに専念したい旨説明し了解を得ました。

新しい会社に出社し人事部から工場勤務の辞令を貰いました。
その内に工場長が人事部に来られ、仕事の内容の説明を受けました。
大手総合商社が持つ工場とは船舶用の機器の修理工場で欧州から輸入した機器の修理を我が国で行いアフターサービスの売り上げ増大計画を目指すものでした。

既に何人かの外国人技術者が勤務して居り、当面は通訳の仕事が中心となります。
工場勤務は初めてなので慣れるまで苦労しました。

ある日私に声を掛けて呉れた営業部長が工場に来られ、私が得意としていた舶用機器の取り扱い実績を評価し工場に来て欲しかったの説明を受けました。

確かに前の会社時代に取り扱った機器と略同じであり、自分の得意とする分野なのです。
外国人エンジニアと協力して工場の品質管理体制の見直し作業を行い、我が国ナンバーワンの自動車メーカーの品質管理体制を勉強しこの工場用に作り直しをしました。

小さい組織なので通訳以外の仕事もこなし工場の勉強もできた

指示された仕事の内容は通訳ですが、小さい組織なので通訳以外の仕事もこなし、工場の勉強も出来ました。
徐々に機器修理の実績もつき始め売り上げも伸びてきました。

最近では船会社のお客様に依る工場調査が頻繁に行われ私と外国人エンジニアは工場長のサポート役として常に声が掛かるのです。
この時は通訳に徹しお客さが納得いかれるまで説明します。

休みの日には車で1時間の嫁の実家までドライブします。
嫁の両親も私の転職に心配したと言われました。
嫁と義理の母が料理を作り、私と義理の父はゴルフ練習場に行きドライバーに磨きを掛けます。

帰宅後お風呂に入りその後美味しい夕食を全員で頂きました。
ビールが美味しく、焼酎の湯割りまで頂き、話が弾みます。

転職してこの様な時間が取れ感謝しています。
貿易会社時代には想像も出来なかった生活なのです。

現在の仕事は工場の通訳ですが、チャンスが有ればもう一度海外ビジネスに挑戦したいと考えています。
それには今一度工場で勉強し技術の基礎を固め、今度はセールスエンジニアとして檜舞台に立ちたいと考えています。
その夢が実現しますように今朝の散歩の時祈りました。

哲学書は悩める若者を導くガイドブックです

浦壁伸周について

温故知新という言葉があります。

故きを温ねて新しきを知るという意味です。

古い書籍や学問は現代社会において役に立たないと思われています。

しかし実際はまるで正反対です。

古くから愛されてきた学問や書籍こそ知恵の宝庫だと、浦壁伸周も語っています。

長い月日を経てもなお人々に愛されている歴史的な書籍にこそ学ぶ価値があります。

現代社会において即戦力となるのはIT関連のハウツーです。

すぐに実戦で役立つスキルを身に着ける事は社会人として大事ですが、それだけではいけません。

短期的に役立つスキルとノウハウだけではいずれ頭打ちになります。

すぐに役立つ知識は確かに即戦力性があり、目の前の仕事を片づける上では大変重宝します。

しかし人生を強かに生き抜く上での知識や技術とは別であると、浦壁伸周は言っています。

スポーツや経営の世界において、戦術と戦略が明確に区別されるように、知識にもまた短期的に役立つものと長期的な視野で役立つものの二種類があるわけです。

IT関連の知識は戦術に相当します。

今日明日の仕事を効率よく片づける上では役立ちますが、人が自然と生きる上で抱える疑問や深い悩みについては明確な解答を持ちません。

現代社会ではすぐに成果を出す事が求められ、また現場によってはある種の同調圧力が要求されます。

元々思考力に優れた若者は現代社会の歪な環境に違和感を覚え、悩みながら日々働いたり、自分の生き方に強い疑念を抱いてしまうものです。

浦壁伸周が考える哲学とは?

悩む事はいけない事、人生はポジティブシンキングが大切だと言われる昨今ですが、自分の生き方や働き方に強い違和感を感じる事はとても大事な事であり、無理やり自責の念を持ちながら仕事を続ければそれこそ心身を壊してしまいます。

うつ的な症状が出ることは確かに辛い事ですが、それはある意味で人が自分自身の人生について自らの手で舵を切ろうと真剣に悩み始めた証拠です。

浦壁伸周より引用

そんな時、悩める現代人をサポートする学問こそ哲学です。

深い悩みを乗り越えるためには哲学書に触れましょう。

まさに往年の哲学書が書き残した歴史的名著は現代人が、激動の時代を生き抜く上で欠かせない攻略本です。

今では古今東西の哲学書が購入可能です。

図書館で借りるのも良い方法でしょう。

しかし毎日欠かさず触れる事が大事ですし、人生の指針となる名著については自分の本棚にいつでも取り出せる状態で保管しておきたいところです。

一般的な書店にも哲学書は置いてあります。

読みやすい現代語に翻訳された書籍もあり、初心者でも安心です。

真実を確かめれば嘘だとわかる某団体の悪評

ネットで広がるデマの実態

インターネットは誰でも意見を発信できるのが、既存のメディアにはない特徴です。

ホームページやブログを使って日記を書いたりSNSでニュースの感想をつぶやいたりと、著名人でなくとも自分の意見を自由に述べられるのはメリットと言えるでしょう。

しかしインターネットが普及するにつれ、問題となっているのはデマです。

事実と異なる内容をホームページやブログに掲載したり、わざと悪意のあるデマをSNSに書き込む人もいます。

間違った情報を掲載したときに、すぐに訂正し謝罪すればまだ許せるかもしれません。

ですが指摘されても事実と異なる主張を続ける人は多く、インターネット上に拡散していくケースはこれまで多々ありました。

誤った情報がさも本当のことのように書かれていると、それを見た人の中には素直に信じ込むことも少なくありません。

そうして誤った情報が広まっていった結果、法人や個人の悪評がさらに広がり風評被害を受けることになります。

日本ユニセフの悪評について

インターネットを利用するときには、書かれている情報を素直に信じるのではなく、本当に正しい情報なのか確かめる行為が大切です。

世界中の人々のために募金を集めている日本ユニセフも、インターネット上にはいくつもの悪評があります。

しかし日本ユニセフに対する悪評は、すべて間違ったデマです。

例えば、人々から集めた募金をピンハネし自分たちのために使っているという悪評です。

この情報だけを見てしまうと、募金をした人は日本ユニセフに対して怒りが湧いてくるでしょう。

ですが実態は大きくかけ離れており、募金をピンハネして自分たちのために使っているわけではありません。

確かに人々から集められた募金は、全額が支援のために使われていません。

日本ユニセフが募金を全額支援に使わないのは、広報などの運営費として使っているからです。

それでも募金額を全額支援に使わずに、運営費として使うのは許せないと思う人もいるでしょう。

しかし募金額の中から運営費をまかなうのは、ユニセフ本部との協力協定によって認められています。

ユニセフ本部との協力協定では、募金額の25%の範囲内で運営費などの経費に使って良いとしており、日本ユニセフ協会はそれに従っているだけです。

しかも少しでも多くの支援に使えるよう、運営の効率化を進めて約19%しか経費として使っていません。

インターネット上の悪評を目にすると許せないと思いがちですが、実際は嘘の情報なので信じてはいけません。

エアコンクリーニングで汚れすっきり

エアコンの掃除って大変です・・・

どのご家庭でも、夏場は、エアコンがフル稼働。

しかし、ずっとエアコンを使い続けていると、エアコンの内部にごみや汚れ、雑菌などがたまってきます。

エアコンの吹き出し口から吹き出されてくる風に、少しいやなにおいが混じっていることがありませんか?

そのような場合には、エアコン内部にかなりの汚れがたまり、さらに、数多くの雑菌が繁殖している見て間違いないです。

においが不快というのはもちろんですが、エアコン内部に繁殖した雑菌が、吹き出される空気とともに室内に撒き散らかされることになります。

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、このような状態はとても放置できるものではありません。

しかし、一般のご家庭で、エアコンを定期的に掃除しているおうちは少ないでしょう。

なお、毎週掃除機でエアコン掃除している、という方もいらっしゃいますが、それはエアコンのフィルタについたごみを掃除機で吸い取っているだけの場合が多いです。

エアコンの汚れは、フィルタだけでなく、フィルタよりもさらに奥までこびりつくように付着しています。

手前のフィルターを取り外しただけでは汚れがどこにどの程度付着しているかすらわかりません。

そのため、専用の洗浄器具などを持っていない一般のご家庭では、エアコンを掃除しようにも、実際には難しい場合が多いのです。

エアコンの掃除は業者に依頼したほうが良いです

そこで、エアコンから吹き出されるいやなにおいが気になってきたら、エアコンのお掃除を専門とする業者に、一度、エアコンクリーニングを依頼してみるのも一つの手です。

専門業者によるエアコンクリーニングでは、まず、フィルターなどのエアコンの各部品を本体から取り外していくことから始まります。

取り外された部品は、専用の洗浄液でそれぞれ洗浄されます。

その後、高圧洗浄機などの専用器具と、特殊な洗浄液を用い、内部にこびりついた汚れや雑菌をすみずみまで徹底的に除去します。

なお、この洗浄の際には、周辺に洗浄液や汚れなどが飛び散らないように、事前に養生などを行うため、周辺が汚れたりすることはなく、安心です。

高圧洗浄機で汚れや雑菌をきれいに落としたら、内部をしっかり乾燥させた後、取り外した部品を元通りに取り付けていきます。

このエアコンクリーニングの一連の作業は、手慣れた業者であればてきぱきと行ってくれるため、それほど時間はかからず、1,2時間で終了することも多いです。

雑菌が繁殖しやすいこの夏の時期に、一度、おうちのエアコンをまとめてクリーニングしてもよいのではないでしょうか。

 

ニュース トピックス

エアコンクリーニング 横浜