福島の復興に大事なふるさと納税

福島の復興に向けて求められるふるさと納税の活用

東日本大震災からある程度の時間が経過したことで、福島もある程度は復興したというイメージが先行しています。

しかし、原発の周辺はいまだに帰ることすらままならない状況にあり、福島の復興を語るには不十分な状況にあることは言うまでもありません。

福島原発の現場でもアトックスなどのたくさんの企業が廃炉に向けた作業を続けています。
(※参考サイト:アトックスが行っている福島復興事業の取り組み

こうした状況になっている中で一番大事なことは多くの人がこれらの活動を支えていくことにあります。

東日本大震災が発生した当初は全国各地から募金が行われましたが、それがどのように使われたのか、克明にその流れを追った人は少ないです。

そうしたこともあり、募金が本当に活用されているのかを疑う人もいます。

多くの人が福島の復興に向けて協力できるような形にしていくにはどうすればいいかですが、ふるさと納税の活用が求められます。

ふるさと納税は納税者が自発的に寄付をしたい自治体を選び、そこに寄付金を出し、その見返りとして返礼品や控除につなげていくことができます。

その際に自分たちも微力ながらも応援することができたと思わせる仕組みが必要です。

例えば、住民の避難施設を作りたいと自治体が考えた場合に、その一部をふるさと納税で賄おうとする場合に、寄付してくれた人の名前を施設のどこかに刻み込んでおくことで、多くの人の支えがあることを知れます。

日本の高度経済成長期には全国から多くの出稼ぎ労働者が東京に働きに出て、東京タワーなど建造物を作り上げていきました。

その際に、労働者が子供たちに対し、あそこで働いていたということを伝えて尊敬してもらうことができます。

ふるさと納税で施設の建設費用を賄う場合にこれを活用することで、その施設のおかげで多くの人の命が救われた場合に自分があそこにふるさと納税をしたから命が救われたという感覚になります。

こうしておくと、自分も福島の復興に参加することができ、決して他人事にはなりません。

単に募金をしてもらうよりも、より協力的になってもらえるのもポイントです。

福島の復興を妨げる問題は住宅に関する問題

福島の復興を妨げる問題は住宅に関する問題です。

東日本大震災で家を失った人や帰りたくても帰れない人などは公営住宅に住むケースが増えています。

一方でそれから先のビジョンがなかなか描けない実情もあります。

将来的な不安を抱えた中で明るい未来を考えることは非常に困難です。

この問題をどうしていくかも大事です。

これらの費用をふるさと納税で賄うのも1つのやり方

これらの費用をふるさと納税で賄うのも1つのやり方です。

賛同者を集め、そのためにお金を集めて賄えば、多くの人に支えられて今があると思うようになり、厳しい環境ながらも前向きに生きていくことができます。

今ある税金の中でやりくりをすることは実に大変であり、国からの補助金などでなんとかしようにも、中にはそのことに反対をする国民もいます。

復興を支えたい人たちが自発的に行っていく事が何より重要

福島の復興を支えたい人たちが自発的に行っていくことが何より重要です。

強制的に参加させようとしても反発が生まれるのは必至であり、逆に足を引っ張るような勢力も出てくる可能性があります。

単にその自治体が返礼品として用意するものが好きだから寄付をするとか、その地域にある施設のチケットがもらえるから協力するだけという人もいます。

どんな形でもいいからふるさと納税の寄付を募るということも必要な要素です。

様々なアクションが可能であり、それを最大限にしていければ額面では少なくても励みになります。

一番いいのはその地に行くことですが、なかなか行けないものです。

それならば少しでも雰囲気を味わおうと農産物や畜産物、名物をお取り寄せの形で手に入れるようにすることも必要です。

使い道を明確にし、実際の返礼品も充実させていけば利用者は増える

使い道を明確にすることは当然必要ですが、実際の返礼品も充実させていけば、自然と利用者は増えます。

あとは、寄付をしたらこんなにいいことがあったという体験をしてもらえれば、リピーターとして毎年寄付をしてくれるような関係性になってくれます。

最近クラウドファンディングが成功を収め、多くの企業がそうした形で資金援助を募っています。

これは自分がお金を出し、そのプロジェクトが成功をすることで自分も参加した気分になり、それが喜びにつながることです。

こうした体験はふるさと納税を通じても可能であり、特に子供たちに関することであれば、多くの人が賛同してくれます。

他の自治体ではこの寄付金を通じて出産手当に応用するところも見られるなど、うまく活用できれば地域の活性化にもつなげられることから、あとはその自治体独自の制度設計、ビジョン作りにかかっています。

ふるさと納税はいわばお金集めの1つであり、あとはその自治体の知恵にかかっています。

その知恵がまだまだ足りないという場合には民間企業やコーディネーターなどに打診を行い、一緒になって考えてもらうことも必要です。

近年は民間企業で働く人たちがさらなる可能性を求めて自治体とタッグを組むケースがあります。

こうしたものを最大限に活用できれば、東日本大震災以前の生活水準、経済状況に戻せる可能性も高まっていきます。